メラトニンで身長が伸びる!?驚きの効果と摂取法

メラトニンと身長の関係をまとめました!

 

 

 

身長を伸ばすために重要なポイントは、「成長する期間をできるだけ長く維持すること」です。 
 
そこで、思春期の到来を遅らせる作用があると言われている、ホルモンの一種の「メラトニン」が注目されています。
 
メラトニンと身長の関係、メラトニンの摂取方法について詳しく解説します。

 

メラトニンで思春期のタイミングを遅らせよう!

 
まず、子どもの頃のことを思い返してみてください。
 
背の順で、いつも後ろの方にいた子がいつの間にかみんなと同じくらいの身長になっていたこと、ありませんか?
 
順調に身長が伸びていたはずなのに、早い段階で伸びが止まってしまう。
 

 

その原因として思春期が早く来すぎてしまったことが考えられます。 
 

 

 
実は、身長の伸びるタイムリミットは「思春期が終わるまで」なのです。
 
したがって、思春期の到来が早いと、身長の伸びが早いタイミングで終わる可能性が高くなります。
 
逆に、思春期の到来が遅い場合は、長い期間をかけて身長が伸びる可能性が高くなるのです。
 
 
いかに思春期までに身長を伸ばしておくかがポイントとなります。
 
できるだけ思春期が遅くに訪れる方が、成長期を長く維持できるのです。

 

メラトニンが思春期を遅らせる?

 

睡眠ホルモンとして知られているメラトニンですが、一体どのようなものなのでしょうか?
 

 

 
メラトニンは、暗くなると分泌されるホルモンで、脈拍や体温、血圧などを低下させ、眠る準備ができたことを身体に知らせてくれます。
 
 
私たちがスムーズに眠ることができるのは、メラトニンのおかげなのです。
 
 
このメラトニンには、「性ホルモンの過剰な分泌を抑制する作用」もあります。
 

 

身体が成熟して成長が止まるのを抑え、思春期の到来をできるだけ先に伸ばし、長い期間成長し続ける効果を与えてくれるのです。 

 

 

メラトニンはどうやって摂取するの?

 
では、メラトニンはどのように補えば良いのでしょう。
 
 
手軽に思い浮かぶのは、サプリメントで摂取する方法ですが、メラトニン配合のサプリメントは入手が困難です。
 
なぜかというと、メラトニンは日本では医薬品扱いのためサプリメントとしては販売されていないからです。 

 

 
となると、海外のサプリメントを購入することになります。
 
 
購入方法としては、オンライン通販「Amazon」の日本語サイトでの購入が一番簡単な入手方法だと思われます。
 
 
しかし、メラトニン配合のサプリメントは無承認医薬品なので、万が一のことがあっても国の救済制度が使えません。
 
 
メラトニンは副作用は少ないことがわかっていますが、ご自身の責任となりますので、くれぐれもご注意ください。

 

メラトニンの分泌を促進する生活習慣

 

サプリメントがなくても、メラトニンの分泌を促進させる方法があります。
 
生活の中で、今日から実践できる二つの方法をご紹介します。
 

 

 

 
まず一つ目、「起きる時間を固定する」ことです。
 
 
メラトニンの分泌は、体内時計がコントロールしています。
 
不規則で昼夜逆転した生活を送っていると、体内時計が乱れて、メラトニンの分泌に影響が生じます。
 
 
なるべく決まったリズムで生活を送るよう心がけましょう。
 
 
メラトニン分泌に、特に重要なのが起床時間です。
 
朝起きて太陽の光を浴びることで体内時計を正しく保ち、メラトニンの分泌の促進につながるのです。
 

決まった時間に起きて、日光を浴びる習慣を作りましょう。
 
 
日光浴に関してはこちらのページで詳しく説明しています。⇒日光浴と身長の関係
 
 
また、日中に15〜20分程度の運動することも、体内時計を整えるために効果があると言われています。
 
運動は身長の伸びにも良い影響をもたらすので、生活の中に適度な運動を取り入れましょう。
 
 
 
二つ目に、「眠る前はできるだけ暖色の証明にする」ことです。
 
 
テレビや携帯電話の画面のような強い光は、メラトニンの分泌を妨げてしまいます。 

 
就寝前は、テレビ鑑賞やゲームなどの使用を控えましょう。
 
 
部屋の明かりも、蛍光灯より暖色照明の方が良いでしょう。
 
蛍光灯に含まれる青い光は、メラトニンの分泌を低下させる作用があります。
 
オレンジ色などの暖色照明は、青い光をほとんど含まず、照度も蛍光灯と比べると低めです。
 
 
身体と心のリラックスしやすい暖色照明を使って、メラトニンの分泌を促しましょう。

 

身長とメラトニンの関係まとめ

 

身長が伸びる期間は、一生のうち、限られた短い期間となります。
 
うまくメラトニンの効果を利用し、思春期を遅らせ、成長期間を伸ばしたいものです。 
 
 
そのためにも、生活習慣を改善してメラトニンの分泌を増やしていきましょう。
 
 

≪トップページに戻る≫