身長は遺伝では決まらない!?良い習慣を心がけて身長を伸ばそう!

身長と遺伝は関係ない!?目次

 

身長が高い人を羨ましく思ったり、できることなら自分の子供は背が高くなってほしいと思う方はたくさんいらっしゃると思います。

 

私もそうでした。

 

そのためには、「背の高い人と結婚しなければ」などと真剣に考えていたこともありました。
身長の高さは遺伝で決まる?

 

いいえ、実はそうとは言い切れないんです。

 

自分の意思で、遺伝よりも大きなパワーで身長を伸ばすことができるとしたら・・・。

 

遺伝がすべてではない身長の秘密、そして身長を伸ばす方法などをまとめてみましたので是非、ご覧ください。

 

身長は遺伝によって決まるわけではない?その真実

ある一つの研究データがあります。

 

【親の身長を受け継ぐ割合は約四分の一】

つまり、25%の確率で身長が遺伝されると言われているのです。
親が低身長で、その子供が背が低い確率は四分の一、その他四分の三は普通、あるいは高身長になる可能性があるということになります。

 

遺伝によってもたらされる身長への影響は、そんなに大きくないと言えますよね。

 

ですが、親が身長が低ければ子供も比較的小さくなる、反対に身長が高い親から生まれた子供はやはり身長が伸びて家族全員が高身長、なんていう事もざらにありますよね。
それは一体どうしてなのでしょうか。

 

【遺伝以外に身長に大きく影響しているものは?】

両親が身長が低く、生まれた子供たちもみんな背が低い、いわゆる低身長一家。
反対に、両親が高身長で生まれた子供たちもやはりみんな背が高い、高身長一家。

 

この事実だけをみると、遺伝がすべてなのだと思いがちですが、実はそれだけが原因ではないのです。

 

家族全員が同じような体系になる原因は、「生活習慣」が大きく関係しています。

 

一度は聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。

 

生活習慣とは、毎日の睡眠、食事、生活リズムなどのことを指しますが、これらが身長に大きな影響を与えているとされているのです。

 

同じような生活リズムで、同じものを食べて育つ子供は、その親たちと同じような体格になりやすいということになります。

 

【家族の中でひとりだけ長身の子が育ったワケ】

ですがそれとは反対に、両親が背が低いのになぜか高身長の子供が育ったリすることもありますよね?

 

遺伝だけで身長の高さが決まってしまうとすれば、それはあり得ないことになります。

 

親の身長を受け継がずに高身長になった子供は、「身長が高くなる生活をしていた」ということが高身長になった理由の一つだと言えますね。

 

いかがでしょうか。
遺伝だけで身長が決まってしまうわけではなく、生活習慣が身長に大きな関係があることがお分かりいただけたと思います。

 

そして、次に気になることは、「どのような生活習慣を身につければ、身長を伸ばすことができるのか」という事になります。

 

大切なのはそこですよね。
わかりやすく、まとめてみました。

 

身長を伸ばすために今日からできること

よい生活習慣を身につける、それが身長を伸ばすために必要なことになります。
具体的に、なにをどうすればよいのかをご説明しますね。

 

キーワードは、よい食事、よい睡眠、適度な運動、よい姿勢です。

 

この4つのキーワードを正しい方向性で続けていけば、身長が伸びる生活をしているということになりますね。

 

1.食事が大切!バランスを重視しましょう

ダイエットも同じですが、身長を伸ばすための食事はバランスが重要です。
「 身長を伸ばす栄養 = カルシウム 」という考えは間違いではありませんが、それだけでは足りません。

 

昔の人よりも今の子供の方が体格がいいのは、栄養面が昔よりも今の方がはるかに改善されているからだと言われています。

 

たんぱく質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンのすべての栄養素がバランスよく摂取されることによって、身長をよりよく伸ばす材料が揃うことになります。

 

ジャンクフードなどはなるべく控えましょうね。

 

栄養のバランスを考えて一日のトータルで、まんべんなく栄養が摂れているか気を付けましょう。

 

2.良い睡眠が身長を伸ばす

身長を伸ばすためにもっとも重要なポイントとなります。

 

「成長ホルモン」をご存知ですか?

 

成長ホルモンとは、寝ている間に最も分泌されるのですが、ただ寝ていれば分泌されるものではありません。
睡眠の「量」よりも「質」が重視されます。

 

睡眠の種類は2種類あります。

 

レム睡眠(浅い眠り)

体だけが休んでいて、脳は活動している眠りのことです。
夢を見ていたり、少しの物音で目を覚ましやすい状態です。

 

ノンレム睡眠(深い眠り)

脳も体も休んでいて、起こそうと思ってもなかなか目を覚まさないような眠りのことです。

 

成長ホルモンが分泌されるのはノンレム催眠の時になります。
ノンレム睡眠をしっかりととるためには、寝る前の状態や、寝ている環境が大切になります。

 

【良い睡眠をとる方法】

・適度な運動により体を疲れさせて、しっかり眠るようにする。
(適度な疲れがある方が、しっかりとした睡眠をとりやすくなります)

 

・お昼寝はとりすぎない。夕方以降には仮眠をしないようにする。
(お昼寝は10分〜15分ぐらいに収めておくと、夜の睡眠の邪魔になりません)

 

・お風呂は寝る2時間前に済ませておく。
(体温が高いままだと質の良い眠りになりにくくなります)

 

・寝る前3時間前後は食べ物を口にしない。
(胃の中に食べ物があると睡眠中も消化活動をするため、良い眠りの妨げになります)

 

・寝る前の筋トレなど、激しい運動はしない。
(神経が高ぶり、眠りの邪魔をしてしまいます)

 

・寝る前はスマホ、パソコン、テレビなどをなるべく見ない。
(光や情報などが脳を興奮状態にさせてしまうのを防ぐため)

 

3.適度で正しい運動を行う

成長ホルモンの分泌を盛んにさせるためには、運動をする必要があります。
身長は、骨が成長することによって伸びるわけですが、骨が成長するためには運動が欠かせないものとなります。

 

「骨端線」をご存知でしょうか。

 

骨端線とは、別名「成長線」とも呼ばれている骨の両端にある軟骨のことを指します。
成長期が終わる前の子供には骨端線と呼ばれる軟骨があり、そこを運動することで刺激してどんどん新しい骨を作り、身長を伸ばす結果に繋がります。

 

骨端線は成長期が終わると徐々に消えていくため、成長期を過ぎると身長の伸びは緩やかになっていきます。
眠りのところでもお話しましたが成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。
適切な運動を行うということは、より良質な睡眠をとる助けになりますし、身長を伸ばす有効手段だということがお分かりいただけると思います。

 

そしてもう一つ大切なことは、どんな運動を取り入れるかということになります。
やみくもに運動すればよいということではなく、運動の中には身長を伸ばす妨げになるものもありますので注意が必要です。

 

【身長を伸ばす効果的な運動とは?】

全身運動を心がけましょう

全身の筋肉を使い、色んな部位の骨に刺激を与えることによって身長は伸びやすくなります。
水泳などは身長を伸ばすのに適したスポーツだと言われています。

 

骨に縦方向の刺激を与えることを意識しましょう。

骨に対して縦方向刺激を与える運動とは、例えばジョギング、そしてジャンプすることも有効だとされていますので、バスケットボールやバレーボールなども身長が伸びやすいスポーツだと言えます。

 

筋肉に過度な負担をかけないようにしましょう。

身長を伸ばすために運動することで注意が必要なのが、運動をしすぎないことという事と、身体の一部分に負担をかけすぎないという事です。

 

激しい運動をし過ぎると成長の妨げになってしまいますし、筋肉に負荷をかけすぎることによって筋肉を痛める結果となり、身長を伸ばす邪魔をしてしまうことになります。

 

ウェイトリフティングや、筋肉をつけすぎるような筋トレには注意が必要です。

 

つい、運動というとハードなものを想像してしまいますが、ストレッチや軽いジョギングでも十分な刺激となります。
日常的に運動をすることを心がけることが大切と言えますね。

 

4.良い姿勢を意識する

身長が伸びることの妨げになるものは、寝不足、ストレス、運動不足、栄養不足、そして、悪い姿勢です。

 

悪い姿勢の代表的なものは、「猫背」や、「反り腰」、そして「体の歪み」などがあります。
座り方や歩き方などを正しいものに意識することで、О脚やX脚などを改善すると、身長の伸びもよくなります。
成長が止まった大人の方でも、悪い姿勢を改善すると身長が数センチ伸びたといった話もよく聞きますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
遺伝では身長が決まらない事、生活習慣で身長を伸ばせる可能性があることがお分かりいただけたと思います。
成長期のお子さんをお持ちの方や、まだまだ成長期の方など、日ごろの生活態度を改めてよい習慣を身につけるようにしましょう。

 

≪トップページに戻る≫